来院のきっかけ

甲状腺の病気にかかった人は、どういう症状から病気に気づき、病院を訪れるのでしょうか。病気の種類によって症状はそれぞれ異なりますが、一般的には次のような症状をきっかけに、受診する人が多いようです。

1.くびの前部のはれ

一番多い症状がくびのはれ、すなわち甲状腺腫です。鏡などを見て自分で甲状腺腫に気づくこともあれば、ほかの人に指摘されて病院を訪れる人もいます。

2.甲状腺の機能異常による症状

甲状腺の働きが亢進したり低下すると、下記のようなさまざまな症状が現れます。詳細は各病気ごとにご説明しますが、こうした症状をきっかけに受診する人も少なくありません。

  • 安静にしているのに、心臓がドキドキする
  • 手指が細かくふるえる
  • 暑がりになり、水をよく飲み、汗をたくさんかく
  • よく食べているのにやせてきた
  • イライラしやすくなった、落ち着きがなくなった
  • 体が冷え、寒がりになった
  • 肌が乾燥し、カサカサになった
  • 体が重く、だるく感じるようになった
  • 食欲がないのに太ってきた
  • 朝起きた時に、顔や手がむくむ
  • 便秘をしやすくなった
  • 昼間も眠く、居眠りをするようになった
  • 脈がゆっくり静かになった
  • 月経が不順になった
  • 首がはれている

3.眼球突出

甲状腺の病気の一種であるバセドウ病では、眼が出ることが代表的な症状のようにいわれています。すべての患者様で眼が出るわけではありませんが、眼の症状をきっかけに受診する人もいます。

4.健康診断などでの指摘

自分では健康なつもりでいる人でも、健康診断や人間ドックで甲状腺のはれが見つかったり、血液中の甲状腺ホルモン濃度を調べて異常が発見されることもあります。

以上が、受診のおもな動機になります。のどが詰まる、のどに異常な感覚がある、などの症状から甲状腺の病気を疑う人がいますが、甲状腺の病気では、そのような症状が出現することはあまりありません。
甲状腺は内分泌器官です。したがって、可能な限り内分泌の専門医をご受診いただいたほうが良いと思います。

甲状腺の病気
  • 来院のきっかけ
  • 甲状腺の病気について
    • 病気の特徴と遺伝について
    • 甲状腺の役割
    • 単純性びまん性甲状腺腫
    • バセドウ病
    • 橋本病
    • 亜急性甲状腺炎
    • 腫瘍性疾患
  • 副甲状腺の病気について
    • 副甲状腺の役割
    • 原発性副甲状腺機能亢進症
    • 二次性副甲状腺機能亢進症
    • 副甲状腺のう胞
  • 外来診療担当予定表
  • 交通案内

ページの先頭へ