ヨウ素を含む食品

ヨウ素について

ヨウ素(ヨード)は甲状腺ホルモンの主原料です。 甲状腺ホルモンは新陳代謝を促したり、子どもの場合では成長ホルモンとともに成長を促進する働きをするため、ヨウ素は体になくてはならないミネラルです。
そこで、ヨウ素の入った食品は体によいとされて、健康食品のなかに入れられていたり、昆布を主原料にした食品が推奨されています。しかし、体に必要な甲状腺ホルモンを作るのに必要なヨウ素(推定平均必要量)はわずかで、成人では一日0.095mgです。
ヨウ素は、日本人が口にする食品のなかには大なり小なり含まれています。特にたくさん含まれているのは下の図にあるように海藻類で、なかでも昆布が群を抜いており、次がひじきです。わかめ、海苔に含まれる量はこの2つと比べるとはるかに少量です。日本人は海藻を好んで食べるため、世界で一番ヨウ素を摂取している国民です。このほか魚、肉、穀類にもわずかですがヨウ素が含まれています。
また食物でなくても、のどの炎症や歯の治療などの消毒に使うルゴールの主成分はヨウ素ですし、レントゲン検査のときの造影剤には多量のヨウ素が使われているものがあります。
このように私たちは普段から、知らず知らずのうちに必要量以上のヨウ素をとっているため、ヨウ素不足を心配する必要はまずありません。また、甲状腺にはヨウ素をとり過ぎても問題の起こらない仕組みがありますので、普段はヨウ素のことを気にかける必要はありません。

ただし、アイソトープ(放射線ヨウ素)検査・治療をする場合には、ヨウ素による影響を受けるため、1~2週間ほどヨウ素をたくさん含む食品を制限する必要があります。

ヨウ素制限食について

アイソトープ(放射線ヨウ素)検査・治療は、ヨウ素が甲状腺に集まるという特性を利用して行うため、検査・治療を受ける患者様については、1~2週間ほど前からヨウ素を多く含む食品の制限をしていただくことになっています。
そのため当院では、入院されている患者様に「ヨウ素制限食」をご提供しています。
外来で治療・検査をされる患者様には、ご自宅で作りやすい「ヨウ素制限食」メニューのレシピをご紹介していますので、ご自宅でのヨウ素制限にお役立てください。また、ヨウ素制限が必要でない方にもおいしく食べていただけるよう工夫していますので、毎日の献立のご参考にぜひご覧ください。

ヨウ素が多い食品
  • 昆布

    昆布そのもの、昆布の加工品(佃煮、昆布入りの漬物、おつまみ昆布等)

  • 昆布エキス・調味料

    複合調味料・合わせ調味料・醤油・みそ・酢にも昆布だしが使われていることがありますので、表示をよく見て、記載があれば使わないでください。煮干し、かつお節、味の素はかまいません。

  • 海藻類

    ひじき、わかめ、のり、寒天(みつ豆等)、トコロテン、もずく、その他海藻加工品

  • 飲み物

    昆布茶、十六茶(昆布汁入り)、スポーツ飲料、カロリーメイトドリンク(昆布エキス入り)・カロリーメイトチューブタイプなど
    その他、昆布エキス・海藻エキスなどが入っている飲み物

成分の不明なドリンク類・外食や加工食品について
食品添加物中の「アミノ酸」は、ヨウ素類ではありませんので飲食されても結構です。期間中の外食や中食(デリバリーや市販の惣菜の購入)は避けたほうが無難ですが、やむを得ない場合は洋食(ただし和風○○という料理は避ける)を選んでください。
また、冷凍食品やカップ麺類などの加工食品には、昆布や海藻(昆布エキス・海藻エキス)が入っている商品が多々あります。加工商品には原材料名が必ず表示されていますので、購入の際は必ずお確かめください。成分のわからない食品については避けていただくのがよいでしょう。

ヨウ素含有量が多い食材はこちら

■ ヨウ素が多く含まれると考えられる調味料

  • だし入り味噌、だし入りしょうゆ、だし入りソース、すし酢、ドレッシング類(含まれていないものもあります。原材料をご確認ください)
  • 複合調味料、合わせ調味料
ヨウ素が少ない食品
  • 穀類

    御飯、パン、麺、もち等

  • 肉類

    ただしレバーの大量摂取は避けましょう。ゼラチンは動物肉のたんぱく質から作られますので召し上がれます。

  • 野菜類・いも類 きのこ類・果物

    これらの食物には表のようにヨウ素はほとんど含まれておりません。

  • 豆類

    大豆、大豆加工品(大豆の中には抗甲状腺作用があるといわれている成分がありますが、納豆1日1パック(添付のたれには注意)、豆腐1丁程度の量でしたら召し上がっても大丈夫でしょう)

  • 飲み物

    コーヒー、ジュース、市販のお茶類(十六茶は除く)ご自宅で入れたお茶は麦茶、緑茶等問わず大丈夫です。(昆布茶類は除く)

ヨウ素含有量が少ない食材はこちら

■ 外食される際に避けていただきたいもの

【和食】
うどん・そばなどのめん類・おでん・寿司・定食に出てくる漬物や味噌汁等
(だしをとる際に昆布を使用することが多いためです。外食では何が使用されているか不明ですので避けましょう)
【洋食】
比較的ヨウ素を含む食事は少ないのですが、和風スパゲティーや和風ステーキなど和風○○とつくものや、ファーストフード(ハンバーガーやピザを含む)でも和風~のついた商品は上記の和食と同じ理由で避けましょう。
【中華】
ラーメン・キムチ等。(ラーメンはだしをとる際に昆布がよく使用されます。キムチには旨みを増すために昆布が使用されている場合があります)

※市販のお惣菜の購入について
セルフサービスや量り売りの食品は、原材料が明記されていない場合が多いので、ヨウ素制限中のご購入はなるべくお控えください。やむを得ず購入される場合は商品の原材料が記されている商品がよいでしょう。

アルコール摂取の可否について

適量であれば飲んでもかまいません。(適量は、ビール中瓶1本、日本酒1合、焼酎(25度)コップ1杯、ウイスキーダブル1杯くらいと言われています)
ただし、甲状腺機能の高い方は飲酒をお控えください。
甲状腺機能への影響については医師におたずねください。

ヨウ素と甲状腺の関係
  • ヨウ素について
  • ヨウ素を含む食品
  • ヨウ素を含む薬
    • 甲状腺ホルモン製剤
    • 消化性潰瘍治療薬
    • 抗不整脈薬
    • 肝不全用経腸栄養薬
    • 経腸栄養薬
    • 乳児用薬
    • 一般用医薬品(内服薬)
    • 色素
    • その他
  • 当院のヨウ素制限食
    • 今月の献立
    • 肉料理
    • 魚料理
    • 卵料理
    • 豆腐料理
    • その他
  • ヨウ素制限食レシピ
  • 外来診療担当予定表
  • 交通案内

ページの先頭へ