甲状腺の病気について

亜急性甲状腺炎

亜急性甲状腺炎とは

甲状腺の病気は、甲状腺がはれても痛みはない場合が多いのですが、亜急性甲状腺炎は痛みがあります。
「亜急性」というのは、急性よりは長く続くという意味です。とはいっても、慢性化することはありません。
甲状腺がはれて痛みがあるため驚く人も多いでしょうが、治りやすく、再発することが非常にまれな病気です。
この病気では、女性は男性の12倍ほどかかりやすく、30歳代、40歳代の女性に圧倒的に多い病気です。
亜急性甲状腺炎の原因ははっきりしませんが、よく鼻やのどの炎症に続いて起こることがあります。そのため、ウイルスが原因ではないかと言われています。季節的には夏に多いですが、寒い時期にもみられます。なお、ウイルスが原因ではないかといっても、他人に感染する心配はありません。

症状

亜急性甲状腺炎は、甲状腺のはれ(甲状腺腫)とともに痛みや発熱があるため、非常にわかりやすい病気です。甲状腺のはれは、全体に硬くはれて痛むこともありますが、たいていは左右どちらか1カ所が硬くはれ、押すと痛みがあります。時には、触ると飛び上がるほど痛いこともあります。耳の後や奥歯の痛みとして感じることもあるので、耳や歯の病気と思われることもあります。また痛みとはれの部位は、しばらくすると右から起こったものは左へ、左から起こったものは右へと移動することがあります。

この病気は、甲状腺の機能亢進を伴うことが少なくありません。そのため、バセドウ病と同じように動悸や息切れ、発汗、倦怠感などの症状が現れますが、バセドウ病とは亢進症のメカニズムが異なります。バセドウ病の場合は、甲状腺が甲状腺ホルモンをどんどん合成して血液中に分泌していますが、亜急性甲状腺炎の場合は、炎症によって甲状腺の組織が破壊されることで、甲状腺に蓄えられていた甲状腺ホルモンが急激に血液中に流れ出して濃度が高くなります。
したがって、甲状腺機能の亢進が長期に続くこともありません。

検査と治療方法

痛みや発熱など症状がはっきりしているため、亜急性甲状腺炎の診断は比較的簡単です。血液検査をすると、赤血球沈降速度(赤沈)が異常に低下していることや、炎症によってCRPの値が上昇していることでわかるので、検査ではこれがひとつの決め手になります。このほか、アイソトープ(放射性ヨウ素)検査をすると、甲状腺にヨウ素が取り込まれていないことがわかるので、甲状腺の機能が亢進していても、バセドウ病と鑑別できます。
治療は、副腎皮質ホルモン剤が非常によく効きます。たいてい服用した翌日には、痛みもケロリと治り、熱も下がります。ただ、すぐに服用をやめてしまうとぶり返すことがあるので、2ヶ月ほどかけて様子を見ながら、徐々に薬の服用量を減らしていきます。なお、バセドウ病に使う抗甲状腺薬は効きません。
もともと自然に治る性質の病気ですので、こじれて慢性化することはなく、再発もめったにありません。
症状が激しい時期は、なるべく安静にして入浴も控えた方がよいでしょう。食べ物はとくに制限はありません。

甲状腺の病気
  • 来院のきっかけ
  • 甲状腺の病気について
    • 病気の特徴と遺伝について
    • 甲状腺の役割
    • 単純性びまん性甲状腺腫
    • バセドウ病
    • 橋本病
    • 亜急性甲状腺炎
    • 腫瘍性疾患
  • 副甲状腺の病気について
    • 副甲状腺の役割
    • 原発性副甲状腺機能亢進症
    • 二次性副甲状腺機能亢進症
    • 副甲状腺のう胞
  • DPCデータによる病院情報の公表
  • 外来診療担当予定表
  • 交通案内

ページの先頭へ