甲状腺の病気について

甲状腺の役割

甲状腺は、体の新陳代謝を盛んにするホルモンを作る臓器です。
胃腸の病気や肝臓の病気と違って、「甲状腺の病気」といわれても、なかなかピンとこない人が多いと思います。いったい甲状腺はどこにあり、どういう働きをしているのでしょうか。甲状腺の病気を理解するために、まずは甲状腺の位置と働きについてご説明します。

甲状腺の位置と大きさ

甲状腺はくびの前方、のどぼとけのすぐ下にあります。大きさは、縦が4cmほどで、重さが18g前後です。ちょうど蝶が羽をひろげたような形で、すぐ後にある気管(肺につながる空気の通り道)を抱き込むようについています。
ごく薄く柔らかい臓器なので、普段はくびを触ってもわかりませんが、少しでもはれてくると、手で触ることができます。さらに、ある程度以上に大きくなれば、くびを見ただけではれがわかるようになります。そのため、「くびの腫れ」から甲状腺の病気に気づく人も少なくありません。

甲状腺の機能

人の体では、性ホルモンをはじめさまざまな種類のホルモンが作られています。
ホルモンを作る臓器を内分泌器官といいますが、甲状腺は内分泌器官のひとつであり、食物(おもに海藻)に含まれているヨウ素(ヨード)を材料にして甲状腺ホルモンを合成しています。

甲状腺ホルモンとは

食物として摂取されたたんぱく質、脂肪、炭水化物は、代謝されて体の組織を作るために利用されたり、エネルギーになったりします。甲状腺ホルモンには、こうした新陳代謝の過程を刺激したり促進したりする作用があります。胎児の発育に重要な働きをしたり、子どもの成長を促したりします。
甲状腺ホルモンには、ヨウ素(ヨード)の元素を4つ持っているサイロキシン(T4)と、3つ持っているトリヨードサイロニン(T3)の2種類があります。
甲状腺ではおもにT4を作っていて、このT4が肝臓などにいってT3になり、これがホルモンの働きを発揮します。

下垂体の役割

体内では、血液中の甲状腺ホルモンが常に一定の値を維持できるような仕組みが働いています。これをコントロールしているのが、脳の下垂体という部分から分泌される甲状腺刺激ホルモンです。このホルモンは、甲状腺を刺激してホルモンの分泌を促す働きをしています。

血液中の甲状腺ホルモンが増えすぎた場合は、ちょうどサーモスタットのように、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌量が抑えられ、自然に甲状腺ホルモンの分泌が減少してきます。逆に血液中の甲状腺ホルモン濃度が正常以下になると、甲状腺刺激ホルモンの分泌量が増えて甲状腺ホルモンの分泌を促します。こうした仕組みをフィードバック機構といいます。そのおかげで、血液中の甲状腺ホルモンの量は、常に一定の範囲を維持しているのです。

ムービーをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Flash Playerが必要になります。お持ちでない方は、Adobe社のWebサイトから最新のAdobe Flash Player(無料)を ダウンロードしてください。
甲状腺の病気
  • 来院のきっかけ
  • 甲状腺の病気について
    • 病気の特徴と遺伝について
    • 甲状腺の役割
    • 単純性びまん性甲状腺腫
    • バセドウ病
    • 橋本病
    • 亜急性甲状腺炎
    • 腫瘍性疾患
  • 副甲状腺の病気について
    • 副甲状腺の役割
    • 原発性副甲状腺機能亢進症
    • 二次性副甲状腺機能亢進症
    • 副甲状腺のう胞
  • DPCデータによる病院情報の公表
  • 外来診療担当予定表
  • 交通案内

ページの先頭へ